世界で最も過酷なアドベンチャー・レース「レッドブルエックスアルプス2019」に、扇澤郁選手が出場決定!!

6 月16 日(日) 12︓00 スタート(予定) 【日本時間︓同日19︓00】

パラグライディングとトレッキングが融合した世界で最も過酷なアドベンチャー・レース、Red Bull X-Alps(レッドブル・エックス-アルプス)が6 月16 日(日)より、オーストリア・ザルツブルグから地中海のモナコにかけて6 か国を縦断して開催されます。

2003 年の初開催以来、2 年に1 度開催され、今年で9回目を迎えます。

RedBull X-Alps は、自らの足とパラグライダーのみを使い、オーストリア・ザルツブルクからモナコに至る、アルプス山脈約1100 キロ(直線距離)のコースを東から⻄へ踏破するレースです。選手は必要最低限の装備を背負い、飛べる時はパラグライダーで、飛べない時はランニングや徒歩で決められたターンポイントを通過しながらゴール目指して進みます。

今回、日本からは、2007 年⼤会にアジア人初出場でゴールを果たした扇澤(富山県,59 歳)が世界のトップパイロット32 名のなかに選ばれました。*日本からの出場は扇澤のみ

扇澤さんは1989年に立山らいちょうバレースキー場でJMB立山パラグライダースクールを開校。数々のパラグライダー大会に出場し、世界の舞台でも活躍。そして、2007年 レッドブルX-ALPSに日本人として初めて参戦、ゴールを決めました。2009年・2011年も参加し、国内外から熱い注目を集めているアスリートの一人です。

 

 

<扇澤郁のコメント>

「私にとってRed Bull X-Alps は2003 年にレースが始まった時から出場することを夢⾒ていた世紀のアドベンチャー・レースです。2007 年にレッドブルジャパンからのオファーもありレースに参加する事ができ、今回で5 回目の出場となります。Red Bull X-Alps の魅⼒は、ヨーロッパアルプスと生身の人間が対峙し、⼤自然の息吹と営みに溶け込んでいくように同化することで、モナコの一点へいかに速く到達できるかを競うところにあります。2 週間にもわたるゴールへの道のりは、人間の英知と体⼒の限界への挑戦であると思っています。20 年以上にわたり極めようとしてきたパラグライダー飛⾏技術ですが、過去4 度Red Bull X-Alps に参加することで飛躍的に向上しているように感じます。ヨーロッパアルプスに吹く風を直に感じ、太陽の営みに合わせて飛び⽴つ場所を探しながら山を歩く。そして、ヨーロッパアルプスに吹く風を全身で⾒聞きしながらモナコを目指す⾏為が、私たちを⼤きく育ててくれると感じています。注⼒すべきは毎回難易度が高くなってきているルート設定とハイスピード化しているレース内容です。ヨーロッパアルプスのルートファインディングという3 次元パズルを紐解きながらモナコを目指します」

レース観戦

Red Bull X-Alps は、観戦者がインターネットを通して日々のレース状況をフォロー出来る点が特⻑です。各選手はGPS 機器と支給された携帯電話を携帯して移動することが義務付けられています。GPS のデータは、毎分ごとに携帯電話経由でRed Bull X-Alps のサーバーに送信され、各選手の移動経路や状況(パラグライディング中、ハイキングもしくはランニング中、または休息中)はオフィシャルサイトwww.redbullxalps.com のライブ・トラッキングのページでチェックできます。その他にも、選手が毎日更新する日記や写真、どの手段でどのくらいを移動したかなどの情報も表示されます。

また、Google Earth™と連動した3D のトラッキング(移動経路を地図上で記録したもの)にも、経路だけでなく、レースの過程が表示される、選手たちの移動の様⼦⽴体的に⾒る事が出来ます。Google Earth™は Google Inc. の登録商標です。

レース期間中は全世界のX-Alps ファンがこの画面にくぎ付けとなります。パラグライダーの歴史のなかでもっとも成功しているイベントの一つです。www.redbullxalps.com 上のライブ・トラッキングのページ (6/16 よりスタートします)

アエロタクト紹介ページ:https://www.aerotact.co.jp/info/entry-292.html

X-Alps公式ページ:https://www.redbullxalps.com/